宝聚山随心院 大久寺
だいきゅうじ

天正18(1590)年の創立。開山自得院日英。 開基檀越小田原藩初代城主大久保七郎右衛門忠世立が小田原城に封じられた際、遠州二俣より僧日英を招き現在の地に建立したのが大久山保聚寺である。 天正19年堂宇落成、忠世の命により宝聚山随心院大久寺と改称。2代目城主相模守忠隣の改易により寺運衰頽し、5世日霊の代、寛永10年に桑名藩主石川主殿頭忠総が江戸下谷に移し菩提寺とした。 当所には小田原妙覚寺日春が了源寺を建立、中山法華経寺末となる。 翌11年、大久保新八郎が大久寺の再興を発願、了源寺を廃し再興した。

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 神奈川県小田原市城山4−24−7