方運山 青柳寺
せいりゅうじ

ご参拝 誠にご苦労様でございます! 〜縁起〜 当山は明応8年(1499年)に総本山久遠寺第11世法主 行学院日朝上人によって結ばれた小庵「清龍寺」が起源とされます その後 天正11年(1583年)に時の将軍 足利義昭に仕える武士 渋谷越後守義重が夢のお告げにより 「清龍寺」を再興 山号を方運山 寺号を青柳寺と改め 律正院日題上人を開山に迎え 約440年の間 連綿と法燈が受け継がれ現在に至ります 令和元年5月現在 〜立地〜 東京都町田駅から徒歩10分ほどの場所にありますが 木々が青々と生い茂り 都会の喧騒を忘れられる 心安らぐ空間となっています 〜特徴〜 @武相困民党発祥の地 先行する自由民権運動の影響の下で 借金地獄からの脱出と生存の自由を求めて立ち上がった武相農民による運動で 明治17年(1884年)約300人の農民が金融会社の負債問題を協議するため当山の境内に集ったことから始まりました A多くの文学者が眠る寺院 当山第26世神部宣要上人は住職でありながら 俳人「八幡城太郎」として多くの俳句を残し 文学に通暁した方でした そのご縁により当山には多くの文学者が眠っています また境内各所に多くの句碑などが残っています ご参拝下さった貴方様の益々ご多幸を心よりお祈りいたします!

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 神奈川県相模原市南区上鶴間本町3−7−14
アクセス 町田駅 JR中央南口より 徒歩約10分