雲龍山 妙教寺
みょうきょうじ

抑々当山は、雲然船場地内の沼に祀られていた辨財天を、明治時代の神佛分離・廃仏毀釈の折に阿部留治氏が自宅に勧請し、其の辨財天の霊示を受けた娘の妙教が、七面山三十七丁目のお滝に参篭し、七年間の苦修錬行を成し遂げた昭和十一年に身延山第一世総務柴田リ秀権大僧正を師事し出家得度、爾来山之坊の一室より総本山へ日参登詣し常随給仕の至誠を尽くされた。其の当時、身延山は望月日謙法主が猊座に就かれていたので、当山の開山上人と仰ぐ所以でもある。三年間の身延山での修行後の昭和十四年、衆生済度の大願を興し、瀕彼沙羅王が竹林精舎を釈尊に寄進した如く、須達長者が生まれ故郷の祇園精舎を釈尊に献納した如く、生まれ故郷の土地家屋の全てを本佛に捧げ、雲澤教会を設立したのを端緒にして、昭和三十六年には本堂の新築、時は戻り昭和二十一年には妙教寺と寺号公称をし、戦後の本宗第一号の寺院の誕生となったのである。妙教法尼の遷化後、法燈を継承した前住職阿部龍教権大僧正は、大荒行の世界に身を投じ副傳師職通算十四回・正傳師職二期を務める傍ら、昭和五十二年に庫裏の新築・昭和六十二年に本堂の新築・平成元年には仁王門の新築、境内地伽藍の整備等、園林もろもろの堂閣種々の宝をもって荘厳し、寶樹花果多くして衆生の遊楽する所を次々に建立された。現住職もまた先代のの遺志を継承し、平成二十年に浄化槽設置工事、平成二十二年に本堂庫裏外壁と窓張り替え工事、翌平成二十三年には山門前土地購入、平成二十四年、山門前土地駐車場整備と境内金色大仏遷座工事及び歴代廟墓造成移転工事。更には本堂仏具塗り替え工事と合同塚「法縁廟」建立、翌平成二十五年、葬祭場「蓮桜殿」客殿改修工事と御宝前多寶塔奉納、平成二十六年、山門前駐車場舗装整備と外塀改修工事及び本堂正面ベランダ改修工事。平成二十七年、旧本堂御宝前須弥壇を位牌場御宝前へ修復安置と弁財天及び七面天女宮殿前に木蓮華常花彩色仕上げ二対を奉納、三宝給仕の軌跡を残すと共に、所期の目的滞り無く完遂し、同年九月十七日には全国遠近各地より、二百三十余名の修法師の御来山を迎え入れ、宗祖日蓮大聖人日毎一返欠如無く読誦せらる撰法華経を当山本堂にて読誦し、第四十五回全国修法師懇話会東北教区秋田大会を開催した。まさに枝垂桜と武家屋敷の名所と共に、みちのくの小京都に相応しい佇まい寺観の一新に寄与せられた。

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 秋田県仙北市角館町雲然荒屋敷176
アクセス 秋田新幹線JR角舘駅下車 車で5分