法光山 蓮昌寺
れんしょうじ

いかりや長介の墓があることでも有名。 松本阿闍梨日念上人が創建した道昌寺を、慶長19年(1614年)蓮昌寺と改名。 明暦2年(1656年)日敢が再興、万治3年(1660年)日円が七面大明神を勧請、寛政4年(1792年)11代将軍徳川家斉が鷹狩で使用し以来将軍家の御膳所に指定された。 文化8年(1811年)鐘楼を再建、安政2年(1855年)安政大地震で諸堂が大破、文久2年(1862年)25世日深の代に再建された。 旧本山は真間弘法寺、池上柳嶋法縁。

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 東京都葛飾区小菅4−20−35