北龍華具足山 妙覺寺
みょうかくじ

妙覺寺の変!? 室町時代、永和4年(1378)に四条大宮に創建。 文明15年(1483年)には足利義尚の命により二条衣棚に移転し、 戦国時代は妙顕寺と同様に大規模な敷地をもっていました。 国宝「洛中洛外図屏風」にもその広大な建物が描かれています。 信長の時代までは13代将軍足利義輝、織田信長、伊達政宗など様々な人物の宿所になっており、 千利休による茶会も開かれておりました。 中でも織田信長の一番の定宿であり、 信長が京都に来た20数回のうち18回の宿泊をここ妙覺寺でしています。 信長のイメージである本能寺には実は3回しか宿泊していません。 その3回目に本能寺の変が起こったのです。 本能寺の変の際、妙覺寺には信長の長男信忠が宿泊していました。 天正11年(1583)に豊臣秀吉の洛中整理命により現在地へ移転。 現在も国指定重要文化財の盂蘭盆御書や、狩野派が扉絵を手がけた華芳堂(※京都府指定有形文化財)、趣の異なる3つの庭園など数々の見どころがあります。

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 京都府京都市上京区新町頭鞍馬口下る下清蔵口町135
アクセス 電車で行く。

京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車 西へ徒歩約10分


バスで行く。

京都市営バス「天神公園前」(9・12・67号系統)下車 上御霊前通りを東へ徒歩2分
京都市営バス「堀川寺ノ内」(9・12・67号系統)下車 徒歩約8分


車、タクシーで行く。

JR「京都」駅より車・タクシーで約20分
駐車場あり