向島山 長源寺
ちょうげんじ

長源寺開山日源上人は越後蒲原の人で本覚寺日禅の門人である。 日源上人19歳の折、上洛の途中遠敷村を通りかかったところ、正護比丘尼という人に会い、この帰依を受けて康暦2年(1380年)後瀬山の下に長源寺を開創した。後に5世日樽上人の時、大永2年(1522年)守護武田元光が後瀬山に城を築くに当って長源寺を小浜の向島に移したという。以来若狭地方の本山として信仰を集め、若狭国主代々の祈祷所として手厚い保護を受けた。京極氏、武田氏、木下俊勝、酒井氏各氏の書状が残っており、弥勒菩薩画像(国の重要文化財)も寺宝として残されている。また近世初期日蓮宗の代表的説教者である霊鷲院日審上人は当山に13世として晋山し、12年間に亘って諸国を布教した。

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 福井県小浜市小浜酒井8
アクセス JR西日本小浜線小浜駅から徒歩5分