長晶山 玉泉院
ぎょくせんいん

明暦年間に長昌院自覚上人が開山創始した。浄心寺塔頭の一つ。関東大震災で祖師像の焼失はまぬがれる。その後、鉄筋コンクリートの本堂と特設墓地を設置する。この二つは戦災をくぐりぬけ、昭和33年に客殿を落成、昭和39年に庫裡を落成する。平成12年に現本堂・葬斎場玉法会館が完成する(「玉泉院縁起」)。(江東区の民俗深川編より)

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 東京都江東区平野1−14−6