三融山 円経寺
えんきょうじ

正元元年(1259)天台宗のお寺として創立。 開山:善海国師 開基:稲葉山城主二階堂出羽守行藤 行藤が父母追善のため鎌倉より井ノ口村(岐阜市)に移転建立した長栄山 妙法寺(天台宗)と号する寺院であった。 爾来、美濃一国の禄所として星霜250余年隆盛したが、二階堂家の没落と共にお寺も衰微した。 大永6年(1526)正行院日栄(京都 本国寺14世 蓮光院日助の弟子)がこの地に掛錫し、荒廃した当山を天台宗より改宗、開基 行藤の法号(圓経院殿一峰道雅大居士)に因んで圓経寺と改称、三融山と号して自らが、開山となる。 昭和11年(1936)に当山23世 龍善院日勝が本堂・庫裡・妙見堂・鐘楼・山門等を新築改修するも昭和20年(1945)7月9日夜、岐阜大空襲により消失。 「妙見大菩薩像」は岐南町徳田に疎開してあり、また、「鬼子母尊神像」は災火の中、搬出護持し現存。 当山24世 龍仁院日運が岐南町徳田の方を始めとした檀信徒と一体となり、献身的な努力により本堂・書院庫裡・鐘楼門・妙見堂・水子地蔵・永代供養塔等を完成し現在に至る。 現住職は、26世 渡邉元秀

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 岐阜県岐阜市泉町34
アクセス JR岐阜駅もしくは名鉄岐阜駅下車後、バスに乗り換え。

(長良橋経由のバス)

メディアコスモス前下車。

北に徒歩で3分。