示迹山 上行寺
じょうぎょうじ

創立 天正10年(1582)10月 通称 旭之祖師 当山は天正10年(1582)10月に東北方面より一心院日味上人が現在の焼津市田尻の地に遊化し宗祖大聖人と日玉上人の御本尊を奉安し庵を上行院と称したのが始まりである。よって日玉上人を開祖、日味上人を開山とする。 8世日盛上人の頃、田尻より鰯ヶ島に寺を移し、代々の住職により伽藍を整えていった。 しかし、安政5年(1858)11月21日の鰯ヶ島「鼻くた火事」により近隣94軒が類焼した時に当山も焼失し、御本尊・小文書等も焼失したが祖師像(旭之祖師)のみは29世日宝上人が持ち出し難を逃れ、万延元年(1860)田中藩本多家の300余坪の地に、村雲門跡の宿泊所であった堂宇を藤枝妙法寺より移して5間四面の本堂を造り、庫裡は相良の針医の知人宅を移した。 その後32世日暢上人は本堂建立を志し、現在の地にまず700余坪の墓地を造成したが、大東亜戦争勃発により一時中断し、終戦後に再開したが志半ばで遷化された。 33世日寿上人は先代の遺志を引き継ぎ、昭和34年の区画整理のおりに400坪余の境内地を求め、同36年に本堂を建立し、同45年には客殿庫裡を完成させ伽藍を一新した。 現當の34世日勇上人は堂宇の老朽化並びに地震への備えとして新本堂建立を志し、檀信徒の協力の下に平成20年4月、7間半の木造新本堂並びに客殿庫裡境内整備と全伽藍を一新し現在に至っている。 行事案内 1月元旦   元旦祝檮会 1月16日  星祭祈願会 2月3日   節分会 2月8日   針供養 2月16日  宗祖大聖人降誕会 3月春彼岸  中日法要 7月7日   施餓鬼会 9月秋彼岸  中日法要 10月10日 御会式 12月第3日曜 守護神・荒神法要 12月31日 歳暮祝祈祷会 毎月第1日曜 早朝題目修行会 毎月12日  身延講

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 静岡県焼津市焼津4−6−8
アクセス JR焼津駅より車で5分 徒歩15分