覺源山 松雲寺
しょううんじ

当山は、本山・玉澤妙法華寺21世日叙の弟子、松雲院日明が正保元年(1644)に開闢し、明暦2年(1656)に創立した寺である。爾後、尾張家・紀伊家を始め、参勤交代のため街道を往還する西国大名たちの「寺本陣」となり、幕末には家茂公(14代)・慶喜公(15代)も休息された。宝暦13年(1763)11世日乗の代に、朝鮮通信使(宝暦14年11回目) の休息所としての必要から、本堂・庫裡の改築が行われた。更に、明治天皇は東遷(明治2年3月25日)の砌と、北陸東海地方御巡幸の帰路(同11年11月7日)に休息(同元年10月8日・同12月10日にも)されているので、昭和16年12月13日付、文部省告示第860号により、「明治天皇三ツ谷新田御小休所」として国の史跡指定を受けた。(GHQにより、同23年6月19日、指定解除)市立坂小学校の前身である「三ツ谷学校」(三谷学舍)は、明治6年より同43年まで(37年間)当山に在り、29世日祥が教鞭を執り、所謂“寺子屋教育”が実施された。35世日栄は昭和4年に本堂、36世日汪は同28年に庫裡(平成7年解体)、37世日晴は平成8年に客殿・庫裡を建立した。

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 静岡県三島市三ツ谷新田7−1
アクセス JR三島駅より箱根方面行きバス、松雲寺前下車