法勝山 経王寺
きょうおうじ

【旧本寺名】(身延武井坊) 【旧寺格】平 【本尊勧請様式】曼荼羅 【祖像】説法像 【寺宝】摩訶止観(身延11世日朝筆)。身延13世、22世、26世本尊 【沿革】開山の実成院日顕は、もと当村の山伏であったが、身延13世日伝の門に入って法号を授与され、当寺を創建した。回禄の厄に遭うこと、三度。過去帳も歴代の位牌もなく、辛うじて宝物箱のみ格護されて今日に伝えられた。31世日登・32世日昇・33世日園と代々復旧に努力し、寺門の経営に当たっている。開創年代は天正13(1585)年と伝う。鏡師法縁。

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 山梨県南巨摩郡南部町井出1511