法耀山 本立寺
ほんりゅうじ

慶安年間(1648年頃)の創建。開山は真如院日誉上人、開基は清光院日応、葛原親王の末裔・三浦一族の発願創建。祖像は江戸時代造立の立像で、立教開宗時の立姿で旭日蓮大菩薩と呼ばれ、出世開運の祖師として親しまれている。 また毎年12月9日の「お会式」にあわせて行われる「関のボロ市」は多くの人に親しまれ、東京都の無形文化財に指定されており、師走の風物詩である。

このお寺で参る(マイル)ポイントをもらう

所在地 東京都練馬区関町北4−16−3
アクセス 西武新宿線「武蔵関」より徒歩1分